未分類

【豆乳ダイエットと栄養素】

コンテンツ
  1. 豆乳ダイエット

豆乳ダイエット

豆乳ダイエットで摂取可能な栄養素は何でしょう。

 

豆乳とは、茹で大豆を潰して絞ったエキスの部分を意味しています。

 

自然界のバランス栄養食品とも呼ばれる大豆が豆乳の原料です。

 

大豆はカロリーが低い食品でありながらたんぱく質だけでなく体にいい成分がたくさん含まれています。

 

その大豆とほぼ似たような栄養のある豆乳は、健康的なダイエットを助けてくれるものといえます。

 

大豆タンパクと大豆イソフラボンという成分が豆乳に含まれる主要な栄養素です。

 

大豆タンパクは代謝促進効果があり、その効果を大豆イソフラボンが補強してくれています。

大豆に含まれている栄養成分は、大豆ペプチドや大豆サボニン、そしてレシチンなどです。

 

大豆サポニンは、脂肪や糖質の吸収を遅らせてくれる成分です。

 

一方、大豆ペプチドは食事後のカロリー消費を促進させ、体脂肪を燃焼させてコレステロール低下に作用します。

 

レシチンは大豆の脂質分に存在しており、善玉コレステロールを増やし動脈硬化を予防します。

 

大豆イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと非常に似通った性質と作用を持ち合わせています。

 

大豆イソフラボンは大豆タンパクと同様にコレステロールの抑制効果があり、ダイエットの効率アップに役立ちます。

 

また、ダイエット中のホルモンバランスを整えます。

 

イソフラボンは広く植物に含まれる成分ですが、一般的にイソフラボンといえば大豆というくらい大豆には豊富に含まれています。


-未分類

© 2021 確かな実感【 スマート ダイエット 】 Powered by AFFINGER5