未分類

【骨盤ダイエットは骨盤周囲の筋肉を鍛えることが重要】

ダイエットを行う時には、全身の重心が集まる部位ともいえる骨盤の状態がとても大事になっています。

 

ずっと同じ姿勢をしていたり、重心の偏った姿勢がクセになっていると、骨盤の歪みが現れやすくなります。

 

効果的なダイエットを実践するためには、骨盤のズレや歪みを元通りにすることです。

 

ダイエット効率を高めるためには、歪みのない、おさまるべきところにおさまった骨盤が大事です。

 

骨盤の歪みを正すと、骨盤ダイエットが可能になるいうイメージを持つ人がいます。

 

骨盤の矯正を行うためには、まず骨盤の位置を決めるために必要な筋肉を増やしましょう。

 

骨盤の周囲にある筋肉は、正しくない姿勢で長時間すると圧迫されやすくなり、筋肉同士がくっついて、筋力が弱くなるものです。

よく読まれている記事

コンテンツ 食事が大切食事が大切   メタボリックシンドローム予防の第一歩は、やはり食事からです。   食事で振り返らなければならないのは、その内容だけでなく、食べる量や時間、そし ...

続きを見る

筋力が減ると、結果的に体脂肪が多くなりやすくなるので、ダイエットに適さない体質になります。

 

骨盤まわりの筋肉が減ると、歪んだ骨盤を元通りにする力が作用しなくなりますので、臓器の位置や血液の巡り方によっては代謝の低い体になります。

 

血流が良くなり、カロリーを燃やしやすくするには、骨盤底筋群を増強して、骨盤や腸の位置がズレたり歪んだりしないようにすることです。

 

骨盤ダイエットでは、インナーマッスルである骨盤底筋群に刺激を与え、筋力を高めることで、血液の流れを良くして代謝を増やし、骨盤の歪みや内臓のズレを矯正します。

 

骨盤のズレや歪みを正しい、代謝のいい身体になるためには、骨盤の周囲にある筋肉の強化が可能な運動を行うことといえます。

-未分類

© 2021 確かな実感【 スマート ダイエット 】 Powered by AFFINGER5